花粉症で処方される薬は、以下のようなものです。 ・抗アレルギー薬 ・抗ヒスタミン薬 ・ステロイド(副腎皮質ホルモン剤) 抗アレルギー薬とは、アレルギーの原因物質であるヒスタミンの働きを抑制する薬です。 花粉症の症状を軽減させるだけではなく、発症を遅くしたり、花粉が飛び始める2週間前くらいから使用することによって予防することもできます。 ただし、予防する場合、花粉のシーズン中はずっと飲み続ける必要があります。 また、副作用もそれほど強く無いので、使用しやすい薬です。 抗ヒスタミン薬も、ヒスタミンの働きを抑える薬のことで、症状が酷い時に使用されます。 即効性があるので、すぐにくしゃみや鼻詰まりなどを抑えることができ、抗アレルギー薬よりも効果が強いです。 ただし、抗アレルギー薬と比較すると持続時間が短いという欠点があります。 副作用は多少強く、眠気を感じたり、だるさを感じることが多いでしょう。 ステロイドは、ヒスタミンによって引き起こされた目や鼻の炎症を軽減する薬です。 点眼や点鼻薬として使用されることが多く、効果が非常に強いという特徴があります。 そのため、強い副作用も持ち合わせているので、使用には注意が必要です。